日本の新しい情報をPOPに「日本人が」、中国語と韓国語で紹介しています

j-index

Hakutsuru Sake of America, Inc.

白鶴酒の提供でお送りする日本のお酒情報

Hakutsuru Sake of America, Inc.

白鶴酒の提供でお送りする日本のお酒情報勲章を受けた杜氏鑑が醸す、珠玉の酒
温度で変わる味わいを楽しもう

Hakutsuru Sake of America, Inc. www.hakutsuru-sake.com

Hakutsuru Sake of America, Inc.

勲章を受けた杜氏鑑が醸す、珠玉の酒
温度で変わる味わいを楽しもう

Hakutsuruの「杜氏鑑」は、温度による味の変化が、鮮やかに感じられる酒。杜氏鑑とは、酒づくりの職人の中でも優れた技術を持つ、模範となる人物のこと。Hakutsuruの杜氏鑑のひとり、中澤政雄は、日本の宮内庁から勲章を授与されるほどの卓越した腕を持つ。中澤の技と厳選された材料が生んだ珠玉の一献を、温度を変えて味わい尽くそう。

10000000000004CB00000A37038FB55171A0CAC8

 

冷やしてよし、常温でよし、燗してよし。

日本酒はどんな温度でもおいしく飲める、世界でも珍しい酒。その香り成分は100種類以上といわれるが、温度が変わると、香りの印象が変わってくる。同時に味わいもガラリと変わる。名酒「杜氏鑑」で試してみよう。

 

室温

その酒本来の、味と特徴がいちばんよくわかるのがこの温度。酒米の最高峰、山田錦の贅沢な旨味と香りが、ふわりと口の中に広がる。味と香りのバランスが、うーん絶妙!

100000000000013F000000D50A98572F5964231C

ぬる燗 95 / 35

ぬるめ燗にすると、旨味が際立つ。常温よりも柔らかい、まろみのあるおいしさが楽しめる。とろりとした舌触が楽しめるのもこの温度だ。

1000000000000160000000EBC919426FE0591F2C

熱燗 123 / 50

「杜氏鑑」はこの温度が一番好きという人が多いのが、熱燗。香りも旨味も、ワンランク上の印象に。ワインでいうならフルボディのおいしさ。熱々の料理に、熱燗、なんて最高だ!

1000000000000169000000F1D0C8CB6A28930E8D

冷や酒

これからの季節には、キリリと冷やすのもいい。引き締まった爽やかな味と、スッキリした舌触りが楽しめる。

100000000000013F000000D59B6C483350BE86D0

その日の気分や、併せる料理で温度を変えれば、この一本で味の広がりは無限大! 「杜氏鑑」を味わい尽くそう!  

ああ、日本酒って、深いなあ。

Hakutsuru Sake of America, Inc.
Hakutsuru Sake of America, Inc.